SaaSアカウントを
自動で棚卸し

ご利用のSaaSやシステムの従業員アカウント情報を自動で棚卸し。
アカウントの一元管理によるセキュリティの強化を実現します。

イラスト:人(アカウント)が並んだ表にSaaS(クラウドサービス)が集まってくる様子

こんなお悩みはありませんか?

各事業部へのSaaSの利用状況の確認に手間と時間がかかっている

誰がどのSaaSを利用しているのか、どのような権限を持っているのかを把握できていない

既に退社済、部署移動をした従業員のアカウントの削除、変更漏れが起きていた

入退社時のアカウント管理をスプレッドシートやエクセルへの転記作業で行っていたが、運用が難しくなってきた

YESODを活用するメリット

merit-effciency

SaaSアカウントの棚卸し、3週間が2時間へ

ご利用のクラウドサービスからアカウントや権限情報を自動取得。各サービス管理者への都度確認はもう必要ありません。

イラスト:グラフと説明が書かれたドキュメントに虫眼鏡を当てている女性

「誰が」「何を」使っているか一目瞭然

入社、退社、組織変更時のアカウント運用がルールに沿って正しく行われているか、アカウントを確実に棚卸ししてチェックしましょう。

イラスト:電卓に肩肘をつき、硬貨を掲げている男性

退職者、不要なアカウントを発見

既に退社したメンバーの不要なアカウントが残っていませんか?

使われていないアカウントを見つけて不必要なコストを抑えましょう。

INTEGRATION

国内外SaaSとシームレスに連携

アカウント権限情報の確実な棚卸しを実現

ロゴ:asana

ロゴ:Money Forward クラウド

ロゴ:カオナビ

ロゴ:Slack

ロゴ:RECEPTIONIST

ロゴ:CloudSign

ロゴ:LINE WORKS

ロゴ:HERP

FEATURE

ご利用中のSaaSを、
すぐ連携、すぐ可視化

YESOD導入企業実績 (一部抜粋)